その痒み、乾燥?刺激?

この時期、乾燥肌に悩んでいる方は、とても多いですね。

乾燥すると厄介なのが、痒みです。



布団に入って身体が温まってくると...

眠気と同時に、背中や太ももなどが痒くなってくる・・・。

(冷え性の方は更に難儀しているはずです)



どうしても、我慢できない場合には、

小林製薬のラナケインが有効ですよ。

(管理人はこれを欠かさないように注意しています)



※虫刺されなどにも使うので、1年中使います。^^;



さて、ラナケインで誤魔化すだけというのも、芸が無いので、

こんなときには、下着やパジャマを替えるのも有効です。



はぁ?

下着やパジャマで変わるってか!?



と、思っている方もおいででしょうが、

もし、あなたの下着やパジャマが、化繊(化学繊維)バリバリのものだったら、

その違いは、敏感肌、乾燥肌の方でなくても、すぐに分かると思います。



あたしのパジャマは、絹ざます・・・とか、

もっと、本格的に対策したいわぁ・・・という方は、

コラーゲン入りパジャマの記事をお読みください。



あと、痒みが乾燥から来ている類のものなのか、

それとも、刺激から来ている類のものなのかも、気にしてみてくださいね。



私の場合ですが、

タグ(洋服の内側にペラペラしているアレ)によって、

痒みを発症する場合があって、注意しています。



首の裏側のタグが硬いものだったり、

(大抵は)Tシャツなどの左わき腹にあるタグにも反応しちゃったりします。

(だから、左のわき腹が超絶痒い時もあります)



また、体型の変化(オブラートに包まなければ、太った時!)によって、

ブラなどの下着の締め付けが増している場合も、痒みが起きます。



乾燥が原因だったり、締め付けや刺激が原因だったり、

はたまた、その両方が、関係しあって痒くなったりしますから、

順番に、チェックしみることをオススメします。



保湿剤入り入浴剤を使った晩だけ、

身体が痒くなるという方も居ますので、ホント、色々なんだと思います。